採用情報
Recruit
プランナー
佐々木 敏彦(ささき としひこ)
2013年 新卒入社
“コアゲーマーに刺さるアイディアを考えるのが好き!”

会社説明会に参加し、自分がここで働くイメージができた

就職活動中、ゲーム制作会社をいくつか受けたのですが、そのなかで一番、会社の事業や仕事の内容を具体的に説明してくれたのがメディア・ビジョンでした。そのおかげで、自分がここで働く姿をイメージできたんです。ちょうど「戦場のヴァルキュリア3」(PSP)をやり込んでいる最中で、「これもメディア・ビジョンが作っているんだ!」と驚いたことも覚えています。ほかにも有名なタイトルを多数手がけているし、取り組みがいがありそうだと感じました。ちなみに、説明会の後になって知ったんですが、家から会社まで徒歩圏内だったんですよ。驚いたし、運命を感じましたね。

コアゲーマーにも刺さるバトルシステムを創りたい

今はプランナーとしてバトルシステム周りの仕様を決める仕事をしています。ゲームのキャラクターの設定や性格をふまえて必殺技を考えるなど、ユーザーにバトルを楽しんでもらうための工夫を目一杯盛り込んでいます。このときに役立つのが、僕自身のプレイヤーとしての経験です。
コンボを考えたり、複合技を考えたり、アンチの技を考えたり、コアゲーマーに刺さりそうな技を考えたり…キャラクターのディテールまでこだわって生み出しています。毎回、生みの苦しみを感じていますが、納得できるものができると嬉しいですね。

命ある限り、情熱のある創り手でありたい

機会としては少ないですが、キャラクターの発注を担当することもあります。「普段は無口だけれど、ここぞというところで頼りになる子」とかキャラクターの性格からイメージを膨らませるのですが、自分の好みが投影されたキャラが絵としてあがってくると嬉しいです。ゲームを創るうえで大事なのは、徹底的にクオリティにこだわること。たとえば、一流の陶芸家は気に入らない作品は世に出すことなく作り直しますよね。自分も命ある限り、情熱のある創り手でありたいです。そして、大人も子どもも熱中して、遊んでいるうちに気づいたら朝になってしまうような、そんな熱い作品を生み出したいと思います。