採用情報
Recruit
チーフプログラマー
杉山 裕幸(すぎやま ひろゆき)
2011年 中途入社
“チーフプログラマーとしてゲーム開発に幅広く貢献しています。”

念願だったコンシューマーゲームの開発

転職活動中いくつかの会社を比較してメディア・ビジョンに入社しました。コンシューマーゲームの開発をしたいと考えていた自分にとって、もっとも環境・条件面が優れていたからです。入社後はプログラマーとして、ツール作成、バトルプログラム、メインプログラム、ネットワーク対戦の通信プログラム、フィールドプログラム、ライブラリ作成・ツール作成・各プロジェクトの補助など、幅広く開発をおこなってきました。さらに現在はチーフプログラマーとして、採用面接の面接官をしたり、開発費用の見積もりを出したりなど、より業務が多岐にわたっています。後輩の育成にもこれから関わっていく予定です。

新しい挑戦のために自分の時間を惜しまず投資

これまでで一番思い出深かったのは、スマートフォン向けのRPGの開発です。その作品は当初、サーバーと連動していて、いわゆるガチャなどのソーシャルゲームの要素が含まれていました。そのサーバーで処理する部分をエミュレートし、アプリケーションに実装したことで、サーバーがなくても動くようにしたんです。社内にもソーシャルゲームの開発ナレッジがまだない時代で頼れる人がいるはずもなく、独学で学びながら開発しました。積極的に新しい技術や考え方を取り入れ、自分から仕掛けていくのが好きなので、今後もどんどんチャレンジを重ねて、守備範囲を広げていきたいです。

プログラマーと他の仕事をつなぐ橋渡し役へ

開発の無駄を減らし、作業効率をあげることもプログラマーの仕事だと思っています。たとえば、以前は、デザイナーからあがってきたデータのコンバートに時間がかかり、待ちの時間が発生していました。その作業を深夜に自動でできるようにして、朝出社したらデータが更新されている状態にしました。このように業務効率をあげるツールの開発や、業務のプロセスの見直しもおこなっています。
今の目標は、プログラマーとそれ以外の職種との間で立ち回れる、テクニカルアーティストになること。プログラムはもちろん、グラフィックなどデザイナー寄りの知識とスキルを身につけたいと思っています。