エントリー

2003年07月の記事は以下のとおりです。

足並み揃え いざ友よ。

  • 2003/07/23 20:00
  • カテゴリー:密告

タイムドタバッタンはタイムボカンのメカです。
お絵かき掲示板の話題にココで触れても誰にも届かない模様。
ショウリョウバッタだったら、バトルホッパーじゃなくて
アクロバッターだよなと言ってみる俺は補欠です。コニチハ。コニチハ。
奥歯の穴は金曜まで大放置の模様。

昨日の夜遅く、大歓声が上がったので様子見に。
どうしたですか?やり直し?何が?
ああ、今までやってた作業、手違いがあってやり直しになったですか。
せっかく、みんなのチカラをひとつに合わせて頑張ってたのに。

「くっそー!今日は泊まるぞ!」
決意を表明するオオクボさん。徹夜で修復作業のご様子。
その途端、クモの子散らすヒトの群れ。
「みんな帰るんか!?なんて会社や!」
オオクボさんの叫びを背に受けて、次々と退転の運び。
あわれ捕まったフクシマくんをイケニエに、徐州徐州と人馬は進む。

俺?俺はモチロン帰りますよ。関係ないもの(ヒデェ)。

アタリとハズレ。

  • 2003/07/22 20:00
  • カテゴリー:密告

メシ食ってたら奥歯に被せてた銀色の金属が放浪の旅をおっ始めて
ビクリッした事ですよ。補欠です。コニチハ。コニチハ。

奥歯に穴あいたままだと不便この上ないので会社の真下にある歯医者に
修理してもらってきたですよ。仕事サボって。
いや、サボってナイヨ!お仕事シテルヨ!(カタコト)

会社真下のカトー歯科は、明確に当たり外れがある事で有名です。
俺とオオクボさんの中で。
若い先生はウマくて優しいんだケド、老いぼれた院長先生が
デタラメでムチャをするのです。ムチャをされるのは専らオオクボさんです。

今日初めて聞いたハナシですが、半年くらい前どうしても歯が痛くなった
オオクボさん、下の歯医者に駆け込んだそうです。
院長にムチャされて行くのヤメたのに。近所の歯医者通い直してるのに。
そしてまんまと院長先生にご対面。別の歯医者に通ってる事、
とりあえず痛みを和らげて欲しい事を伝えるオオクボさん。
院長先生、「とりあえず」って部分に深い不快感を表明された模様。

「痛みはなんとかするけど、どうせウチには通わないんでしょ?」
渋々治療を始める院長先生。

スゲェやカトー歯科。

ヒゲと新婚

  • 2003/07/18 20:00
  • カテゴリー:密告

明日から学生さんは夏休みに入るのでしょうか?
TUBEの出現率も高くなってきて
やっと夏を感じるようになりました。
後は美里の西武球場(ドーム?)を待つばかり・・・
(まだやってるのでしょうか?)
幽霊部員です。

先週はカワノさんの結婚をお伝えしましたが
今週に入ってカワノさんがヒゲを剃ってきました。
それを見た社長が
「お!カワノ~ヒゲ剃ったか!
やっぱ新婚はヒゲ剃んないとダメか~!」
遠いところで交わされたこの会話、
盗み聞きするつもりはなかったのですが一人でオオウケしてしまいました。
ヒゲとボインは知ってますが、ヒゲと新婚の関係は初耳でした。
知っている方いらっしゃいましたら、ご一報を!

メディア・ビジョンは毎朝、
といっても就業時間開始が14:00なのですが
朝礼が行われます。
その際に社長から一言お言葉をいただきます。
先日の朝礼での出来事。
「ヤマザキ~、ヤマザキの風邪うつっちゃったよ~」
「まじですか?すみません・・・」と、ヤマザキさん。
「あはははは。うそうそうそうそ!・・・ホントだけど。」
「どっちなんですか?!」
その場にいた全員が声を揃えて卒業式の送辞のようにツッコみました。
(「卒業生のみなさん、おめでとうございます(代表)」
「おめでとうございます(全員)」←この部分)

別な意味で、社長の偉大さを感じた1週間でした。

ささのはさらさら

  • 2003/07/11 20:00
  • カテゴリー:密告

朝出社してみたら、地下1階のカットサロンに
某元首相がおりました。
どうやら政治家さん御用達の床屋さんみたいです。
至極普通のお店に見えるのになあ・・・
こんにちは。幽霊部員です。

さて今週の7/7に、メディア・ビジョンスタッフの
カワノさんがご結婚されました。
おめでとうございます!末永くお幸せに!
偶然にも一年前のこの日、スガワラさんも入籍したんですよね。
せっかくだから来年のこの日も誰か入籍して
ジンクス化してほしいですね。
いや、7/7だけに七不思議化・・・なんちって。

で、オチを放棄されたトコロで大バトンタッチされた補欠です。
某元首相ってダレか気になって夜も眠れないのでウメザワさんに
大突撃部隊(ひとり)を大投入。俺の森首相が失言を吐くゼーッ!
・・・細川首相でした。つまんねえの(不謹慎)。

こないだ、突然スガワラさんとウメザワさんが俺のトコロに
でっかい機械を持って現れ出でたですよ。なんですかソレ?
空気清浄機?強力な新型のテストに業者のヒトが置いていったですか。
いちばん空気の悪い場所で試してみるですか。そうですか。
って、俺のトコロかよッ!

「さあ、いつもの様にタバコ吸ってみてください。さあ。」
得意満面のスガワラさん。コレでシガーが臭いだの何だの言われなくて
済むようになるやもしらん。なったらいいなあ。
設置されたコスモクリーナーに向かって仕方なくシガーに大着火。
途端、スゴいイキオイで作動するコスモクリーナー。
重い機械が唸りをあげりゃ、緑の風が渦を巻く!
つーか、うるさい。

スコシ離れて様子を見ていたスガワラさん。
「あー。やっぱり、臭い。」

・・・ダメじゃん。

指紋物語

  • 2003/07/04 20:00
  • カテゴリー:密告

週間に一回と決めているのは、ネタを貯蓄してるんです。
(貯蓄するほどないんだけど)
こんにちは。幽霊部員です。

メディア・ビジョンの正面玄関は今指紋照合装置という
かっちょいいハイテク丸出しの鍵になってます。
その前は普通の鍵だったのに、カードリーダーとか
暗証番号キーとか、そういう途中経過をぶっとばしての大出世です。
しかし世の中には、もっとすごいのがいっぱいあって
顔とか網膜とかハリウッド映画みたいなセキュリティ装置もあるみたいです。
そんな雲の上の話はおいといて、
その指紋も、最近中々反応悪くて中に入れてもらえない人続出。
大抵は2回ほど、照合失敗して3度目で運良く「おかえりなさいませ」
ってな具合になりますが
泣いても怒っても笑っても、入れてもらえない人も中にはいます。
そこでそんな方々のために「特殊登録」っていうのをすることにしました。
これは、一回の照合を曖昧にするかわりに2本の指を連続して照合させる方法。
とりあえず、社内に連絡して希望者を募ってみました。
スガワラさん、イトウさん、カサノさん、ウメバラさん、女の子のイトウさんと
想像通り社内でも選りすぐりのメンバーが応募して来ました。
この中でも、指紋無いことにかけては1、2を争うのがイトウさんとスガワラさん。
イトウさんの指見せてもらったら・・・あれ?指紋ない。
どの指も無い。指紋消したんですか?消したんですね。
今までどんな犯罪に手を染めてきたのでしょうか?
誰にもしゃべりません・・・イトウさんの背後にも立ちません。
だから殺さないで・・・きゃー!
さて、スガワラさんですが、女の子は指紋薄くて反応鈍いって
説明書にも書いてありました。
でもスガワラさんの場合、指を置いてその下のトレイが
どんなに反応悪い人でも普通は赤く光って
「照合失敗」の判断が下されるのに
その赤い反応すらない。
指置いてるってみなされてないってこと?それ、指じゃないんじゃ・・・
あれ?もしやスガワラさん、金属のチップとか体に埋め込まれてるタイプ?

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2003年07月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed