エントリー

2010年09月の記事は以下のとおりです。

誰もしらない

  • 2010/09/24 21:45
  • カテゴリー:密告

気が付けば、もう9時。
やばいです。時間が足りないです。
幽霊部員です。

先週もそうでしたが、こんな時はホンマくん頼みです。

先週の土曜日、ホンマくんが交通事故にあいました。
バイクで自動車と衝突したそうです。
腕がすり傷だらけでした。
病院に行ってみましたが、特に何もなく軽い打撲程度だったそうです。

そして、先週の日曜日。
今度は、崖から落ちました。
病院に早く行こうと、近道をしようとしたそうです。
フェンス乗り越え、大ジャンプ、でも着地に失敗。

「交通事故より、崖から落ちた方が痛かったです。」

交通事故の傷も癒えていないまま、二度目の事故だもんね。

そんなホンマくんですが、今はぴんぴんしてます。
なので、そんな状態だったとは、実は社内スタッフは全く気づいていないです。
ホンマくんは頑丈だから大丈夫ですが、
皆さんは真似しないでね。

優しくない真実

  • 2010/09/17 21:53
  • カテゴリー:密告

気が付けば、もう9時半。
やばいです。時間が足りないです。
幽霊部員です。

ホンマくんからお休み申請書が届けられました。
事由の部分に『競争率の高い買い物のため』と書かれてました。
『私用のため』だけだと、きっと分からないと思ったので…
そうホンマくんは言ってました。

『競争率の高い買い物のため』も、じゅうぶん分からないなと、
いや、まったく分からないより、
ちょっと分かってしまうからこそ気になってしまう、
だったら全部書いてよ!(教えてよ!)という、
なんとも複雑な気持ちにさせられます。
なので、その優しさはいらないなと思いました。

きっと来週、出勤状況が分かるホワイトボードに、
『ホンマ:事前申請休み(競争率の高い買い物のため)』
と書かれるんだと思います。
きっと、シミズさんは書いてくれると思います。

そして、お休み当日には、
『ホンマ:事前申請休み(○○を買うため)』
と答えあわせをしてくれるんだと思います。
きっと、シミズさんはやってくれると思います。

楽しみです。(でも答えはがっかりです)

求人募集中(宣伝)

  • 2010/09/10 17:27
  • カテゴリー:密告

突然ですが、というか突然でもなんでもないのですが、
やっぱり人手が足らないので、
某求人サイトにスタッフ募集の広告を出すこととなりました。
幽霊部員です。

というわけで、その記事を代理店さんが作成するために、
取材を受けることになりました。

全職種募集中なので、プログラマー、プランナー、デザイナーの順番に、
スタッフを会議室に呼んで、聞き込み調査開始です。

「どんなスタッフを希望しますか?」
「メディア・ビジョンに入社するメリットは?」
「メディア・ビジョンという会社のいいところは?」

こんな質問が投げかけられました。
実は、全員バラバラバラな返答したらどうしよう?とか、
いいところを聞かれて、首をかしげられたらどうしよう?とか、
ちょっと心配してました。

しかし!
どのスタッフを呼んでも、
「メリットは新しい技術を取り入れられること」
「いいところはチャンスを与えてもらえること」
「希望するスタッフ像は、仕事に前向きでゲームを作るのもやるのも好きな人」

と、全員同じこと答えてて、大変びっくりしました。
でも同時に、ただの偶然なので、ちょっと気持ち悪いと思ってみたり…

特に「ゲームが好きな人」の部分は、
みんな『ゲーム好きしかいないバカ集団』と思われてもいいくらいの、
熱弁ぶりでした。
さすがに3回聞いてると、徐々に恥ずかしくなり、
『私はちがうんです!一緒にしないでください!』と言いたくなるくらい。
因みに、ゲームが好き以外は性格も環境もバラバラな人たちばかりです。
こんな会社ですが、一緒に働いてみませんか?

と、今日は終始メディア・ビジョンという会社の宣伝に徹してみました。
たまにはいいかと思ったんですが、ダメですかね…
チェック担当K氏とT氏に確認してみようっと。
載ってたら、OKだったということで!

※宣伝なので、もちろんいいことしか書いてません。
 予めご了承くださいませ…

記憶の行方

  • 2010/09/03 22:24
  • カテゴリー:密告

風邪がもう全然治りません。
幽霊部員です。

今週はドタバタでした。
そして今もドタバタ中。
スタッフみんな大忙し。
誰かお手伝いしてくれる人、募集中です。
(本気でスタッフ募集中!)

そんな感じで、今週の出来事がまったく頭に残っていない状態です。
とは言いつつ、記憶をひねり出したところ、
唯一、思い出せる出来事が…

いつものように、オオクボさんと雑談をしていたときのことです。
目を細めて、その視線が徐々に上にずれていき、
私のおでこのところで止まりました。
オオクボさんのそんな表情のときは、何かあるときです。
「服がへん」
「おなかがぽっこりしてる」
いつも『思ってても言っちゃダメ!』なことを言うときです。

怪訝な雰囲気を察知し、どうしたんですか?と話を止めたところ、
「デコピンしていい?」
新しい展開でした。
ダメです!止めてください!突然なんですか!!
「だって、ちょっとイラッとしたから。」
どうやら、雑談の内容にイラッとしたようです。
『今現在』の『私』の『失敗』で、上司に『叱られる』ならともかく、
危うく『大昔』の『赤の他人』の『雑談』で、上司に『デコピン』されるところでした。
いろいろ間違ってるように感じるのは気のせいでしょうか…?
それはそうと、とても危なかったです。
これは、記憶に残しておかないと次が回避できないので、
きっと、覚えていたんだと思います。
人間の脳ってすごいなと思いました。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2010年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

衣替え
2017/06/16 14:27
数年ぶりの
2017/06/09 10:06
漢字ドリル
2017/05/30 10:03
中堅部員的GW
2017/05/19 13:00
大きくなあれ
2017/05/16 18:11

過去ログ

Feed