エントリー

2006年07月の記事は以下のとおりです。

エピソード1~出会い~

  • 2006/07/28 20:00
  • カテゴリー:密告

先週の金曜日、旦那さんのお迎えを待っていて終電に乗り遅れたウスイさん。
結局、車の故障で迎えに来てもらえなくなりました。
怒ったウスイさんは、歩いて帰ることに・・・
「タクシー乗りなよ」という旦那さんの言葉も「お金がもったいない」と無視し続け3時間。
家に到着した途端「タクシー乗らなかったんだから、タクシー代頂戴」と1万円もらったそうです。
幽霊部員です。

次の日「妻にだけ歩かせるわけにはいかない・・・」と木場まで電車でわざわざ来て、歩いて帰った旦那さん。
なんだろう?・・・この夫婦・・・

やばい・・・ウスイ特集になりそうでした。
今日からはスガワラ特集です。

というわけで、私とスガワラさんの出会いから。
恐らく、メディア・ビジョンのスタッフが初めて出会う
メディア・ビジョンの人(ややこしいな)はスガワラさんです。
何故なら、受付であり採用担当の人だからです。
幽霊部員も例外ではなく、
初めて会ったメディア・ビジョンの人はスガワラさんでした。
面接来て、受付する前にトイレに入ったところ、スガワラさんがいました。
トイレから出て、受付に行ってもスガワラさんがいました。
とても気まずかったのを覚えています。

他の人にも初めて会ったスガワラさんの印象を聞いてみました。
アベさんは、採用から入社までのメール連絡など、そのキメ細やかな対応に
「会社入る前から尊敬してました。
入社を決めたのもスガワラさんがいたからです。
もっと言えば、イトウさん(上司)より先に尊敬してました。」
だそうです。
アクザワさんは、
「スガワラさんとの出会いは・・・
面接に来たときソファに寝ているスタッフの説明をしてたのが印象的でした。」
説明というより、言い訳ですね。

逆に、スガワラさんが印象に残っている出会いを聞いてみました。
「やっぱりアクザワさんかなあ・・・こうやって本読んでたの。」
ジェスチャーしてくれましたが、
幽霊部員のつたない文章力では表現できません。ごめんなさい。
「出会いじゃないけど、ヤマモトさんも。」
何があったんでしょうか?
「ヤマモトさんが入社する日、もう一人別のヤマモトさんも入社する日だったの。」
ヤマモトさんが二人同時に入社・・・わけ分からなくなりそうですね。
「だから、若い方のヤマモトさんと、
年寄りの方のヤマモトさんという区別の仕方をしてた。」
若い方のヤマモトさんが、今のヤマモトさんですね。
「そしたら、すごい年寄りのヤマモトさんが現れて、
本当に年寄りなんだと思ったら・・・」
思ったら?
「若いヤマモトさんのお父さんだった。
息子が入院したので来れなくなりましたと・・・
電話でいいのに・・・」

他にもいっぱいいっぱい教えてもらいました。
スガワラさんは、いっぱいいっぱい覚えてました。
みんなが忘れていても・・・
(アベさんやアクザワさん以外にも出会いエピソードを聞いていたのです)
例えばミウラさん・・・
「出会いも何も、覚えてねぇっす
初対面の時は面接に来た時でそれどころじゃなかったし
その次の日から泊まりで仕事してたからそれどころじゃなかったですし」
ひどい・・・

サヨナラは8月のサラバイ

  • 2006/07/21 20:00
  • カテゴリー:密告

ソオノさんがまた髪型を変えました。
というか、以前の髪型に戻ってしまってました。
どんなにふんわりさせていても、髪をかき上げるとそうなってしまうそうです。
幽霊部員です。

サイトウさんも髪型を変えてました。
そうは見えませんが、短めのソフトモヒカンだそうです。
髭も剃ってました。
「髭剃りました?」と聞いたところ、
「ええ、1ヶ月前に。」と言われました。
すみません・・・全く気付きませんでした。
「大丈夫です。誰も気付いていないので・・・言われたのも初めてです。」
皆の分まで謝ります。すみません・・・

実は・・・
ソオノさんやサイトウさんの髪の毛について書いている場合じゃないのです。
密告最大のピンチが訪れました。
スガワラさんが8月に退職することになったのです。
これがどれだけピンチかというと、
恐らくこの密告の最多出場選手であり、
ネタをめいっぱい提供してくれる人であり、
代打で密告書いてくれる人であり、
代打どころか幽霊部員になりきって密告書いてくれる人であり・・・
あ、ばらしちゃった・・・2回ほどありました、そんなコト・・・
どんなにミウラさんがいっぱい出てたって、フロアが分かれてしまったって、
密告において、スガワラさんがいなくなること以上のピンチなんてナイのです。
困った・・・本当に困った・・・社長、退職してもスガワラさん出してもいいでしょうか?・・・

というわけで、来週から退職するまでの3週間は、
メディア・ビジョンとスガワラさんの歴史を語る
「スガワラ特集」とさせて頂きます。
お見逃しなく。
※予定です。

2.5リットルの疑惑

  • 2006/07/14 20:00
  • カテゴリー:密告

ソオノさんが髪型を変えました。
バックにしていた髪型がフンワリになったのです。
伝わりづらいですね・・・でも相当な違和感です。
幽霊部員です。

会社のポットは2.5リットル入り。
お昼にスガイくんが、
お湯がいつもなくなってる引っ越してからもう5度目
(恐らく2日に一回の割合)と怒ってました。
「イマイズミさん、お茶飲み過ぎ・・・」うなだれるスガイくん。
(イマイズミさんは、後日、お昼前は飲んでない!
と必死に抵抗してました。本当かどうかは分かりません・・・)
もっと大きいポットが欲しいと言ってましたが、
大きいと沸騰するのに時間かかるはず。
仕方がないので4階にもポットがあること教えてあげました。
それを聞いたスガワラさん、どこにあったのかと大変な剣幕。
どうやら、4階のポットが行方不明で探していたそうです。
ちょうどそんな話をしているところに、
「アクザワくんの後ろにポットがあるので、
あまり給茶機のお茶飲まなくなりました。会員やめます。」と
セキヤさんがタイミングよくやってきたのです。
(給茶機使用は月額1000円の会員制です。)
そう!ソレソレ。4階のポットは私物のように、
アクザワくんの後ろにあったよ!
「アレ、アクザワくんの私物じゃないんですか?」驚くセキヤさん。
4階のポットないんだよね・・・
で、アクザワくんの後ろにあるんだよね・・・
じゃ、私物じゃないと思う!
「移動しなきゃ!」と4階へ駆けてくスガワラさん。
「移動するんですか?だったら給茶機の会員続けます。」困惑するセキヤさん。
「他の場所にポットあった!」戻ってきたスガワラさん。
ってことは・・・
「あのポットは、アクザワくんの私物だったよ。」
・・・ごめんなさい、アクザワくん。疑っていました・・・
そして・・・
「給茶機、会員やめます。」
セキヤさんにもすみませんです・・・

スター誕生

  • 2006/07/07 20:00
  • カテゴリー:密告

WA5の情報が雑誌に出てるみたいです。
幽霊部員です。

木場に移って約2週間。
今回のオフィスは3階と4階と2フロアに分かれているんです。
幽霊部員は3階。ミウラさんやソオノさんやウスイさんやトクナガさんは4階。
ネタを作ってくれる人たちが、みんな4階。
あれ?これって「密告」史上最大のピンチじゃん。
というわけで、3階在住のスタッフで新しいスターを探すことにしました。
頂きもの食べ物があると、全員が走って取りに来るデ室。
即効で食い尽くすデ室・・・ここにはきっと原石があるはず・・・
早速、スガワラさんと共にデ室へ・・・
誰か面白キャラいませんか?ヨシダさんに聞いてみたところ、
ヨシダ「ワダさんが面白いです。」
スガワラ「あ、机にコンビーフある人ね!」
コンビーフ?何のために?
スガワラ「スーパーマリオに似てるよね。あと、銀行のキャッシュコーナーで防犯カメラに映った犯人。」
犯人・・・
ヨシダ「ジンチョウくんも面白いですよ。」
スガワラ「Tシャツにいつも穴あいてるよね。」
オシャレで開いてるのかも?
ミヤザキ「それはオシャレ?と聞いてみたんですけど、穴あいてる?じゃもう着れないやと言っていたので、違うみたいです。」
でも、まだ穴あいてるTシャツ着てるよね・・・
スガワラ「確か、貧乏なんだよね!ジンチョウさん。」
あ、だから先週のタダ弁当が余った時、ジンチョウさん指名で渡したんだ!
なんでスガワラさんがジンチョウさんに渡したのか、気になってたの。
ヨシダ&ミヤザキ「貧乏じゃないですよー」
違ったのか・・・

ワダさんは「犯人キャラ」、ジンチョウさんは「貧乏キャラ」。
うーん、なんて失礼なんだろう・・・
でも今後二人に大注目です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2006年07月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed