エントリー

2006年08月の記事は以下のとおりです。

サナギから蝶へ

  • 2006/08/25 20:00
  • カテゴリー:密告

とうとうスガワラさんがいなくなりました。
スガワラさんがいない初めての「密告」。
広島で読んでください。
幽霊部員です。

フロアが3階と4階に分かれて、他のスタッフの皆さんと
あまり顔を合わせなくなったからでしょうか?
気が付くと、いろいろな変化が起こってました。

まず1人目。
シトウさんが太っていました。
2ヶ月前まではあんなにガリガリだったのに、何があったのでしょうか?
聞くところによると5キロも太ったそうです。

2人目。
ヒキさんも太ってました。
結構顔を合わせていたはずなのに、何故気づかなかったのでしょうか?
その驚きのあまり、大声を上げてしまいました。

3人目。
セキネさんの髪の毛が伸びてました。
肩よりも長く、幽霊部員よりも長くなってました。

4人目。
コバヤシさんが痩せてました。
6キロ痩せたそうです。
シトウさんと逆ですね。
どこが痩せたのか事細かくコバヤシさんから説明を受けていたのに、
ウスイさんは、どこが痩せたのか分からない、嘘じゃないかと疑念を抱いていました。
多分、嫉妬です。

5人目。
ミウラさん。
思ってもいないのに「やせました?」と聞いてみたところ、
ちょっとだけ本当に痩せたそうです。
全然気づきませんでした。
今もどこが痩せたのか、よく分かりません。

たった2ヶ月ですが、いろんな変化がありますね。
もうすぐ健康診断です。
変化が数値となって表れるはず・・・みんながんばれ。

故郷へ

  • 2006/08/18 20:00
  • カテゴリー:密告

夏休みが終わってしまいました。
スガワラさんともお別れしてしまいました。
夏の終わりはまだまだ先なのに、モノ悲しい気分が・・・
と思ってたのに、まだココにいるスガワラさん。
あの感動のフィナーレは、なんだったのでしょうか?
幽霊部員です。

先月入ったアルバイトのシミズさん。
最近の若い子の修学旅行は、なんだか豪華だと聞くので
どんなトコロに行ったか聞いてみました。
「小学校は、区で安く泊まれる館山の施設でしたー
中学校の1年の時も区で安く泊まれる館山の施設で、2年の時は・・・」
1年も2年も3年も修学旅行に行くの?
っていうか、それ修学旅行じゃない・・・林間学校・・・
「そっか、で、2年の時は学校の施設で安く泊まれる○○」
ここまでは修学旅行じゃないので、聞き流すとして・・・
本題の3年生の時は?
「東北でした。」
普通じゃん!
「それも微妙で・・・東北、微妙だったなあ・・・」
東北出身のスガワラさんを目の前に「微妙」を延々繰り返すシミズさん。
「東北だって、いいところあるよ!」と
スガワラさんに怒られても尚、「微妙」を繰り返すシミズさん。
幽霊部員も無い方ですが、シミズさんもデリカシー無さすぎです。
先日も、イワブチさんが作ってきたスパゲッティーを一口もらった直後に、
幽霊部員が「お腹痛い」と言ったら「私もなんです」と言ってました。
イワブチさんを目の前に、「お腹痛い」を繰り返す二人。
後でスガワラさんから怒られました。
(スパゲッティーが原因ではありません。)

話を戻して・・・
東北はいいトコロだと思うんだけどな・・・
だって私も修学旅行は東北でしたが、とても楽しかったもん。
「そうかなあ・・・そういえば旅行の時、人間関係が微妙だったんですよね・・・」
場所じゃなくて、そっちが微妙だったんじゃない・・・
東北出身の皆様、ゴメンナサイ。東北はいいトコロです。

エピソード2~別れ~

  • 2006/08/04 20:00
  • カテゴリー:密告

求人情報の問い合わせ用メールアドレスに、ノトさんから
「本日お休みさせてください」というメールが届いたそうです。
他の手段はもっとあったと思うのですが・・・
幽霊部員です。

ボーっとしてる間にスガワラさんの退職日が近づいてきてしまいました。
営業日でいったらあと3日。
来週はもうココにいないわけです。
そろそろ、ちゃんと別れを惜しまないといけない時期です。
というわけで、スガワラさんとお付き合いが長かった&縁が深かったと想定される
スタッフの方々に「スガワラさんへのお別れのひとこと」を頂きました。
ちょっと自作自演くさいですが、許してください。
(文字数稼ぎたかったというのがホントの理由・・・)

●ソオノさん
『社内を明るくしてくれる方だったので居なくなると寂しいですが、
これからもお元気で頑張って下さい』

●マスヤマさん
『また空巣に入られた時は報告しますね!
九州へ帰る際は、ゼヒ広島へ立ち寄りたいと思います。
その時はみょろしくお願いしますね。
(面接メールの時にスガワラさんが
「よろしく」を「みょろしく」と書いていたのです…)』

●シラサカさん
『ご祝儀やお茶の集金で、たまに「まいど!」と聞けるのが印象的でした。
色々とお世話になりました。お疲れ様です。』

●クマゾエさん
『貴女ほど皆に退社を惜しまれる人間は、今まで居なかったでしょう。
本当にお世話になりました。
体に気を付けて、頑張ってくださいませ!』

●カワモトさん
『入社前のメル友ばりのメールのやりとりを…私は忘れません…!
私たち、心はいつまでもメル友ですよね!?ねっ!?』

●セキヤさん
『前勤務先でメディア・ビジョンとお仕事してる頃から、
スガワラさんにはいろいろお世話になりました。
本当にありがとうございます。
スガワラさんが出してくれるお茶が、とてもおいしくて気に入ってたんですが、
入社後、あれは来客用だったという事実を知りました。
二重の意味で、もうスガワラティーが飲めないことが残念です。』

●サトウさん
『自分が入社した時から早8年。
僕の席が菅原さんの横の時もありましたね。
開発の資料作成をお願いたり、
細かい事を言ってしまったりでお手数をかけました。すみません!
体に気をつけて頑張って下さい!!』

●ナカザワさん
『スガワラさんって俺よか在籍長かったんですよねー。
昔MVに就活した時から受付に座ってたもんなぁ。
長い間お疲れ様でした。お元気で!』

●タケナカさん
『長い間本当にお疲れ様でした。
モー娘。ドンジャラ、大事にしてあげてください。』

●トミワキさん
『ドリンク代とか書類とかよく出し忘れてすいませんでしたー。』

●スズキさん
『気の使い方(ハァァァァァ・・・ってやつじゃなく)が
半端じゃなくすごかったなぁ。
「恐縮です」って言葉、某芸能レポーター以上に聞いていたような・・・。』

●ヒキさん
『いつまでも愉快で楽しいしっかり者の菅原さんでいてください。』

●ウスイさん
『色々、いろいろお世話になりました!!
ものすごく楽しくて面白かったです。ときどき恐かったです。
・・・寂しくなります。でもスガワラさんならどこへ行っても
皆に愛されるでしょう。羽ばたけ~!!』

●アクザワさん
『大変お疲れ様でした。
いつも、きめ細やかな対応に感謝の念だらけでした。
ついでですが、雑誌のふろく色々ありがとう御座いました。』

●クドウさん
『ちょっとした連絡事項にもいたずら心が忍ばせてあって、
仕事がきつい時にも慰めになりました。
絵心にも密かに尊敬を抱いておりました……。
退職が本当に残念です。転居してもどうぞお元気で。』

●コバヤシさん
『シャッチョさん。スタンプのご褒美ほしかったです…
HP再開を影ながら期待してます!』

●サナエさん
『中野坂上の給湯室で出会った日のこと、忘れません。
何度もお財布を助けてくれてありがとう!
またなくしそうです!その時はよろしく♪』

●クニモトさん
『とかいなぽりむら あっぽぅ。さんへ
にゅうしゃしてからずっと
おせわになりっぱなしでした
ぼくがこれだけとしをとったのに
あっぽぅ。さんはかわらなかったなあ
やぽんむら いぬまる』

●ヤブバヤシさん
『スガワラさん去りし後の、遅刻の連絡はだれが受け付けてくれるのでしょうか?
やさしく応対してくれますでしょうか・・。
・・すごく心配です。
なにはともあれ、9年間(ぐらいかな?)
ダメ大人に社会人の常識を教えていただきありがとうございました。
おかげさまで、9年前に比べて少しはマシな大人になれたような気がします。
これから寂しくなりますが、9年間本当にお疲れさまでした。』

●サイトウさん
『スガワラさんの新天地、広島には僕も修学旅行で行きましたが
路面電車内で地元の不良学生に絡まれた苦い思い出があります。
菅原さんも路面電車には気をつけてくださいね。
色々お世話になりました。ありがとうございました。
お身体に気をつけて』

●キクチさん
『すいません、交通費の清算お願いします』

●イトウさん
『マジでお疲れっしたッ!』

●オオクボさん
『出社して、見慣れた顔がいなくなるのは、ちょっと寂しい感じです。
蝋人形を作って変わりに受け付けに座らせるとかどうでしょか(ご提案)
人を自動感知して目が光るとかだといいな。
郵便のおじさんとか腰ぬかすかな。
セキュリティ的にもいいかも。
特にオチも無いんだけど、お疲れ様でした。
ギャスパー!(楳図)』

●カネコさん
『毎度、迷惑ぶっかけてすまなかった!
保険証の書き換えも、源泉徴収の申告も、給茶機の会費も、
ナンデモカンデモ提出が一番遅い俺のケツを叩いて、
待ってくれるのがスガワラさんだったよ。アリガトです。
(多分このコメントの提出も一番遅いのはオイラだな)
きっと俺は、スガワラさんがいないと会社員をまっとうできない気がするです。
ギャスパー!』

すごい長くなってしました。文字数稼ぎすぎです。やりすぎました・・・
容量ありすぎで、モバイルのページで掲載できるのか不安。
最後に幽霊部員より。
お世話になりました。
富める時も貧しき時も、病める時も健やかなる時も常に一緒だったように思います。
3年後には戻ってきてください。
待ってます。(本気で)
それにしても、ミウラさんがこの中に入ってない。(返事くれない)
ひどい。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2006年08月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

卒業の日に涙は付きもの
2017/03/24 15:24
NEW!
2017/03/17 12:59
もうすぐ春ですね。
2017/03/10 15:09
25周年パーティー
2017/03/03 14:20
サクラサク
2017/02/24 17:37

過去ログ

Feed