エントリー

会社伝説その2

  • 2008/08/22 20:00
  • カテゴリー:密告

夏休みも終わって、8月も後半。
今日は涼しくてラッキー。
幽霊部員です。

先々週の続きを書かなくてはいけないこと、
すっかり忘れていました。
続きといっても…今だにオチが見つかってません。
書かなきゃダメでしょうか?
「ダメです。このままじゃ、僕のイメージが悪いので、
早く書いてください。」
イシバさんから怒られました。
ぐすん。

でも、イシバさんのイメージを良くする内容なんて、出来るのかなあ。
とりあえず、やってみます。

休日のふたりの様子。
スギヤマくん「僕にできるんでしょうか?」(不安そう)
イシバさん「できるできる。スギヤマくんならできるよ。」(テキトー)
スギヤマくん「あ、これは○○が××で、△△が××なんですかね?」(真剣)
イシバさん「そうそう。そんな感じ、そんな感じ。」(超テキトー)

あ…やっぱ、いじめてるじゃん。
イシバさん「いじめてないですよ。教えているんです!」

あれ?そういえば…数日前…
ワタシ「イシバさんースギヤマくんに○○のお仕事をお願いすることになりました。
いろいろ教えてあげてください!」
イシバさん「分かりました。任せてください。」

数時間後…
イトウさん「なんか、スギヤマくん休日出社になったみたいだね…」
ワタシ「えええ?なんでですか?」
イトウさん「イシバさんが教える時間がないから、
休日に来てってスギヤマくんに言ってた。」

ひいいいいいいい。
私か…私が原因だったのか…
スギヤマくん、ゴメンナサイ。

ページ移動

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

過去ログ

Feed