エントリー

さよならなんかは言わせない

  • 2014/03/10 14:53
  • カテゴリー:密告

三月といえば卒業式シーズンですね。
制服の胸のボタンを下級生にねだられたり
夜の校舎窓ガラス壊してまわったりするシーズンです。
 
そんな今だからこそ!…と
卒業を目論んでいる男がここにも一人。
お疲れ様です。用具係(今年2回目)です。
 
卒業式だと言うけれど、何を卒業するのだろう?
…決まってるじゃないですか。
この密告からの卒業!
 
 
 
そんなつもりでいたのですが…
 
先日、満面の笑みを浮かべた新入部員さんから
「読者から『辞めないで』ハガキが来たんですよ!」
って、まさかの報告が。
 
 
…正直ピンと来ましたよ。
こりゃ、あれだな。
偽装工作に違いない。
新入部員め。
一般人を装って自分でハガキ書くとは小癪なマネを。
あるいは…社長の差し金か?
 
と、マジdoubt1000%だったんですが…
 
実際にハガキを見せてもらったら…本当でした(驚愕)。
こんな輩にわざわざおハガキを書いてくださる方が
ホントにいらしたとは!
 
なんて奇と…いや、なんて有り難い方でしょう…!
(恥ずかしながら有難うございます!)
 
そんなわけで取り敢えず今回、感謝の気持ちを込めて
早出特打ち(なかなか密告書いてる時間が無いので
珍しく早めに出勤して密告テキスト書き)しました。
 
 
とは言え、一度は辞意を伝えた身ですから。
簡単に戻ってくるのもなんつーか
一年中、閉店セールやってる近所のフトン屋よろしく
ヤメルヤメル詐欺みたいで気が引けるというもの。
 
こうなったら…
 
次回からはゴーストライターを立ててみるか?
「辞めるな」の声は聞こえないフリをして。
 
 
 
フッ。
見事な時事ネタが決まったところでとりあえず今回、
用具係はクールに去るぜ。

ページ移動

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

過去ログ

Feed