エントリー

「…目覚めるんだ、ルーキー!」

  • 2015/05/01 11:44
  • カテゴリー:密告

おはようございます。
こんにちは。
こんばんは。
朝・昼・晩に無意味に対応してみました。
ルーキー部員です。
 
珍しくちょっと真面目な内容から始めますが
新しいプロジェクトが始まり…
今までより作業量も責任も大きなポジションで
お仕事させていただいておりまして、
毎日を目まぐるしく送っております。
 
そんな最中の、
用具係さんからの再・密告みっそん。
 
毎日がテンパっているルーキーにとっては
それは非常に苛酷なミッション……!
 
 
業務連絡です。
 
…用具係さん。
是非、新・密告ライターの発掘を!
ルーキーはあくまで代打なので
1年に2・3回の登板とさせて下さい。
ね! ……ね!!
 
 
 
話は変わりますが、
とある仕事帰りの夜のお話をしようかと思います。
ルーキー、朝にありがちな展開を夜に体験したんです。
 
 
夜の電車の中で寝ている人って、結構いますよね。
ルーキーもそんな人の一人でございます。
 
IPodで曲をランダム再生にして流しながら
家の最寄駅まで寝てしまえと
ウトウトしていたら……
 
 
「Wake Me Up!!」
 
 
と、耳元一杯に聞こえてまいりました。
 
ハッとして目が覚めてしまいましたが、
最寄駅まではまだ20分もあります。
「まだ起きないよ! あと20分寝かせてよ!」と
曲を変更して、もう一度目を閉じました。
 
…なんだか目覚ましを消したお寝坊さんみたいですよね?
「コノヤロウ~!」と思いながらも、
IPodが空気を読んだかのような選曲をしてきたことに
少しニヤリとしてしまいました。
 
ちなみに、流れた曲は
某有名女性グループの名曲ですね。
いやはや、懐かしい。
 
 
…そしてこの日、これだけでは終わりませんでした。
 
最寄駅に着きまして、街灯が辺りをぼんやりと照らす中
ルーキーは次の密告に何を書こうか考えながら
ぼんやりと歩いておりました。
 
すると、
 
「「「カァァァンッッッ!!」」」
 
と激しい音が聞こえました。
今度は耳からではなく、頭から。
 
いや、オデコから。
 
衝撃と痛みでルーキーはその場に立ちつくしました。
街灯の柱にぶつけた額を片手で押さえながら。
 
…横を不思議そうに通り過ぎる皆さん。
誰かにフられて立ち尽くしているんじゃないよ。
オデコが痛いのよ。
思いっきりぶつけたのよ。
……良い音がしたよ!笑
 
※ちなみにその日は
 「熱さ●シート」を額に貼って寝ました。
 あまり腫れなかったので良かったです。
 
前を見ず、考え事をしながら
歩いてはいけないと思い知った日…
 
そして、密告内容は考えて生み出すものではない。
身をもって生み出すものかもしれない…!
 
 
……そんなことを悟った夜でした。

ページ移動

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

過去ログ

Feed