エントリー

ダイフク部隊

  • 2009/05/01 22:19
  • カテゴリー:密告

朝、出社してみると、アライさんが会社の窓を開けようと、
窓に手を伸ばしてました。
アライさんの身長は低く、
目の前は机とパソコンが邪魔をしているため手が届きません。
どこかで見た光景。
そしてどこかで書いた内容…
幽霊部員です。

ジタバタするアライさんを、エビナさんが見つけて近寄りました。
こ、これは…
エビナさんとアライさん、ダブルでペアでコンビでアベックな、
『手が届かないよー誰かたすけてー(ジタバタジタバタ)』が見れるのでは!

そんな二人の様子を期待に胸ふくらませて見てたのに、
エビナさん、あっさり窓を開けてしまいました。
『先輩』としての意地を見せたのか、
1年前から、実は身長が伸びていたのか、とにかくがっかり…

次回はきっと1年後。
パタリロが3人に増えてること期待して、
来年は、窓に細工を施しておこうと思います。

ページ移動

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

はじめました
2019/07/19 18:42
思い出は芋づる式
2019/07/12 14:06
ネタが無いなら作ればいいじゃない
2019/07/05 18:00
猫との遭遇
2019/06/28 12:23
鳥になる
2019/06/24 13:59

過去ログ

Feed