エントリー

イケメン討論会

  • 2009/05/08 20:50
  • カテゴリー:密告

先日、トクナガくんと社内のイケメン状況について話し合ってみました。
幽霊部員です。

トクナガくん曰く、
「アイバくんと…」
アイバくんじゃなくて、アイザワくんね。
「そう、アイザワくんとハシヅメくんはイケメンだなあ。
あと、オギノくんかなあ。」
そうなんだ。
アイザワくんとかハシヅメくんとかオギノくんは、
かっこいいというより、今はやりの草食系男子な可愛い感じだよ。
私は○○さんとか△△さんとかが、かっこいいと思うよ。
「いや、それは違います。
○○さんや△△さんは、雰囲気があるだけで、顔がかっこいいわけじゃないですよ。
今は、顔がかっこいいかどうかの話なんです!」
そ、そっか。何気に○○さんや△△さんに大変失礼なこと言ってるけど、まいっか。

そいえば、イケメンは自分がイケメンだと気づいているのかなあ。
ハシヅメくんとかに『気づいてる?』って聞いてみよっかな?
「あ!オギノくんは気づいてますよ!そいえば聞いたことあります!」
そなの?なんて?なんて?
「『オギノくんはイケメンだよね~』と言われてて、
普通は『いえいえ』とか謙遜するじゃないですか?」
うんうん。
「でも、オギノくんは謙遜も否定もしないんです。絶対しないんです。
何度も言われてるのに、一度も否定しないんですよ。」
そ、そうなんだ。そんなに否定しないんだ。
「しないですね。
オギノくんは、否定しないなあ。うん、否定しないなあ。
あれは自分がイケメンだって分かってるなあ。」

で、どうなの?オギノくん。

ページ移動

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

はじめました
2019/07/19 18:42
思い出は芋づる式
2019/07/12 14:06
ネタが無いなら作ればいいじゃない
2019/07/05 18:00
猫との遭遇
2019/06/28 12:23
鳥になる
2019/06/24 13:59

過去ログ

Feed