エントリー

サクランボの詩

  • 2009/07/03 20:15
  • カテゴリー:密告

実家から大量のサクランボが送られてきました。
幽霊部員です。

母親が、近所の人の実家がサクランボを安く手に入れられるので、
買ってみたらしいのですが、
5キロ買ったはずが10キロ送られてきたとかなんとかで、
食べきれないから2キロが私のところに回ってきました。
なぜ、5キロが10キロに変わったかは、
細かいことは気にしない私なので、聞きませんでした。
というか、電話が長くなるので聞きませんでした。

もちろん、私のところでも食べきれないので会社に持ってきました。
今週の私はサクランボ売りの少女と化し、
社内をサクランボと笑顔をふりまいて歩きまわる毎日です。
いろんなところがウソですが、細かいことは気にしないで…

ヤマシタさんとこ持っていってみました。
いっぱい取っていいよーと言ったのに、
「いただきます。」と優しい笑みを浮かべて遠慮がちに1個。
謙虚な人です。
ヨシダさんとこ持っていってみました。
いっぱい取っていいよーと言ったら、
「ほんとですか?」とわしづかみ状態で10個。
遠慮ない人です。(でもお礼のお菓子をもらいました)
トクナガくんのとこに持っていってみました。
いっぱい取っていいよーと言ったら、
「じゃあ、娘にも!」といっぱい持っていかれました。
家族想いな人です。
でも今日、冷蔵庫を見たら娘へのサクランボが、まだ置いてありました。
持って帰るのを忘れているので、家族想いな人は撤回です。

細かいことは気にしないのですが、共有の冷蔵庫にティッシュを置き、
その上にサクランボがそのまま乗せてあるだけという保存方法…
これ絶対、サクランボを配っていた私がやったと思われてる!!
どうりで配っていると
「冷蔵庫に入ってたサクランボ、幽霊部員さんだったんですね…」
と苦笑いされるはずです。
ティッシュに「トクナガ」と名前を書いておこうかとも思いましたが、
優しい私はティッシュの上のサクランボを、こっそり増やしてあげました。

ページ移動

ユーティリティ

2022年07月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

過去ログ

Feed