エントリー

カテゴリー「密告」の検索結果は以下のとおりです。

オクトパス・ミーミー

  • 2009/10/09 19:44
  • カテゴリー:密告

昨日は台風で大変でした。
エビナさんは出社するのに4時間かかったそうです。
お休みになる会社さんもいっぱいあって、
ちょっと羨ましかった幽霊部員です。

最近、iPhoneを買ってみました。
なので、久々に音楽を聞きながら出勤です。
何百曲も入っているのに、
木場駅に着くタイミングで必ず鈴木雅之の曲になります。
5日間連続です。
朝から、かなりムーディーで気だるい、
このあとバーにでも行くような気分になるわけですが、着くのは会社です。
寡黙なマスターも口説きたい女もいません。
この偶然、5日連続だと既に必然。
これは、虫の知らせでしょうか?(たぶん違う)
だとしたら、私に何を知らせようとしているのでしょうか?(これも違う)
iPhoneのシャッフル機能恐るべし。

明日からの3連休、メディア・ビジョンは新レイアウトに対応すべく、
電源&配線工事が入ります。
この3連休はいろんなものが止まるので、
シミズさんから注意を促すメールがたくさん届きます。

シミズさんからの連絡は事務的な内容が多いのと、
全スタッフに向けた内容なので、いつもはお固い文章です。
「お疲れさまです。管理部からの連絡です。
ビル管理会社で実施する、10月分の木場岡本ビル内部作業を
お知らせしますので、ご承知ください。」
こんな感じです。

それが昨日は違っていました。
「お疲れさまです。耳タコですみません。明日の席移動の…」
タコ!?
タコがどうしたって!?

通常は『あとで読めばいっか』的に流してしまう連絡事項ですが、
昨日はタコに気を取られて、つい仕事の手を止め、
きちんと読んでしまいました。

シミズさん、この手は使えます。
次回も頑張ってください。

告発の行方

  • 2009/10/02 17:26
  • カテゴリー:密告

今年も残すところ3ヵ月。
早いものです。
幽霊部員です。

最近、ヨシダさんから毎日マンガを借りてます。
一日必ず2冊づつ。
これ以上は絶対に貸してくれません。
ゲームは1日1時間。マンガは1日2冊。読書も計画的にね。
お陰さまで、続きが気になり読み過ぎてつい徹夜なんてことがないのです。
ヨシダさん、さすがです。
1日2冊が週末は4冊に変わります。
金曜分が2冊と土曜分が2冊と、あれ?日曜分は?
週に一度は休肝日。週に一度は休漫日?体のことも考えてくれてるんですね。
さすがヨシダさんです。

さて、今年も年に一度の大レイアウト変更。
別に恒例行事じゃありません。
一ヶ月ほど前からちょっとづつ、
あっちに移動、こっちに避難が始まってます。
そんな中、運んでた机の引き出しからUSBメモリーを発見。
誰のだろ?あ、前にプログラマーがいたとこだ。
というわけで、聞き込みにいってみました。

イシバさん…知らない。
アオキくん…自分のではない。
シシクラさん…見たこともない。
ヤスタくん…「あ、前の僕の机の引き出しに入ってたUSBメモリーです。」
お!目撃者発見!

「シシクラさんに、それどうしようか聞いたんですよね。
そしたらシシクラさんが、
『見なかったことにしよう』って言ったんで元に戻したんです。
ね、シシクラさん!」

あれ?さっき、シシクラさんは知らないって。
振り向いてシシクラさんを見ると、ばつが悪そうに照れ笑い。
あ、確信犯だ。
でも…さっき、シシクラさんが知らないって言ってたのを、
ヤスタくんだって、ちゃんと聞いてたはず。
上司を売ったの!?
こっちは、まさか愉快犯!?

振り向くと、ヤスタくんの素敵な笑顔。
この笑顔はいいことした!という、とても清々しい表情です。
情状酌量です。

※社内連絡:ヤスタくんです。ヤスダくんと呼んでるスタッフは修正を!

足から出た錆

  • 2009/09/25 15:53
  • カテゴリー:密告

今日の朝、いつもより一本遅いかなり遅刻ギリギリ時間の電車で出勤。
駅から会社まで徒歩5分。
電車を降りた時点で、時間はすでに10時55分。(メディア・ビジョンは11時出社)
ホームから地上に上るまでの時間、
会社のビルに着いて4階まで駆け上がるまでの時間は、
この徒歩5分の中に含まれておりません。
さあ、どうなる?
幽霊部員です。

こんな感じなので、徒歩を競歩に変えなければ、もしくはダッシュくらいに変えないと、
遅刻になるのは自明の理なのです。
というわけで、電車の中にいる時から臨戦態勢。
よーいドンのよーいの状態。
ドンとドアが開いた瞬間に猛ダッシュ。
同じ電車に乗っていたオギノくんを、遥かに引き離し余裕のスタートです。
この時点で、オギノくんとの徒競争に気持ちがシフト。
オギノくんに勝ったら、遅刻はしない(はず)。

しかし、地上までは長かったのです。
すでに体力の80%を最初のエスカレーターの駆け上がりで使い果たした私は、
改札出たあとのエスカレーターでオギノくんに追い抜かれ、
待ってーーー! 一緒に~~ゴールしようって約束したじゃない…
今度はオギノくんとの仲良くゴールしようねマラソンに気持ちがシフト。
オギノくんと一緒にゴールできれば、遅刻はしない(はず)。

しかし、駅を出る頃には、オギノくんの姿はすでになく私は置いてけぼり。
トボトボ(?)走り続けていると、
今度は、駅構内では姿形も見えなかったキタイくんが現れました。
というか、追い越されました。
「おはようございます」と、とても清々しい笑顔で。
さっき、オギノくんに置いて行かれた無念をはらすため、
キタイくん待って~~~~~~~~~~~~
優しいキタイくんは、待ってくれました。

オギノくんに置いていかれちゃってね(そもそも一緒に出社ではない)、
とブチブチ愚痴を言いつつ会社に着くと、
そこにいたのはエレベーターを開けて待つオギノくん。
「待ってましたよ」笑顔で我々を出迎えてくれました。
オオオオオ…オギノくん……
自分も遅刻するかもしれないのに、エレベーターを開けて待っててくれるなんて。
ごめんね。ごめんね。愚痴なんて言って私が悪かったです!!!

朝から人の優しさに触れ、深イイ話に出てもおかしくないんじゃないかと、
一人感動で胸震わせていたところ、
オギノくんから出た言葉は、
「あ、追い抜いたの幽霊部員さんだったんですね。
身長高いから気付かなかった。ヒールで身長ごまかしちゃダメですよ。」

オチいらなかったのに…

追記。全員11時ぴったりで遅刻しませんでした!

私のあしながかめさん

  • 2009/09/18 17:23
  • カテゴリー:密告

明日から秋のゴールデンウィーク。
来年も再来年もあるのかと思ってたら、
次に大型連休になるのは6年後とからしく、なんだよーってブーたれてます。
幽霊部員です。

来週、東京ゲームショウですね。
例によって例のごとく、SCEの担当Tさんからは事前登録の締切過ぎたチケットが届きました。
毎年、期待を裏切らない方です。

先週の『楽天チケット』でシライさんが仙台まで足を運んだ『楽天戦』。
土産話を聞こうかと、シライさんに声をかけたところ、
大変な事実が発覚しました。

差し出されたのはデジカメ。
画面に写っているのはシライさんと野球選手(私では誰だか分からない)。
背景に写るは室内練習場!?
なにこれ?どうしたの?

「実は、友達が当日突然行けなくなったので、
球場のチケット売り場の前に張り付いて、チケットを貰ってくれる人を探していたんです」
うんうん。

「隣の席に座る人なので、優しそうなおじさんがいいなと」
それで?それで?

「この人だ!って人を見つけて、チケットをあげて一緒に観戦したんです」
なるほど。逆ナンみたいだよね。

「そのおじさんが、実は楽天選手の後援会の方だったんです!!!」
すごい。プリティウーマンだ。
シライさんがジュリア・ロバーツに見えてきた。

「で、このあと選手に挨拶に行くから一緒にどうかと、
お礼に誘ってくれてこの写真なんです!!!」
そっか!今度は竜宮伝説だ。連れていってもらったのは竜宮城ならぬ練習場。
シライさんが浦島太郎に見えてきた。

まるでお伽話を再現したような展開。
いいことをすると、ちゃんと返ってくるという道徳の教科書のような話。
それ以上に、シライさんの人を見抜く目に感服。

「あ、そういえば…その日の晩、興奮しすぎて熱が38度5分も出ました!!
因みに昔、好きな人に告白したときも熱出ました!」
あれ…これって遠足熱?
遠足の前に興奮しすぎて、子供が熱出すやつ。
でも遠足熱って、子供しかならないんじゃ…

そっか。うちの浦島太郎は年を取ったのではなく、若返ったんだね。

ステキな甲の忘れ方

  • 2009/09/11 19:17
  • カテゴリー:密告

ヒキさんの顔が丸見えな半日がありました。
幽霊部員です。

丸見えと言えば全員丸見えなわけなのですが、
ヒキさんの席が入口ドアからとても近いこと、進行方向に席があること、
一番の原因は、あるはずのパーティションが撤去されたこと…
そんなわけで、ドアを開けるとヒキさんの顔があり、
ヒキさんと目が合い、ヒキさんがほほ笑んでくれるという、
ヒキさんづくしな半日だったのです。

会う人、会う人、「ヒキさんと目があった」「優しく微笑んでくれた」と
口ぐちに声を掛け合い、
挙句の果てには「照明に照らされて、とても美しかった」と大そう話題になりました。
照明はライトボックス(トレースするための光の台)。
下からの柔らかい光が女優ライトの役目を果たし、大御所女優さながらのたたずまい。
そういえば、確かにキレイだった!あと、まぶしかった!
確認するために、ヒキさんのとこに戻ったら、
既に別のパーティションが取り付けられたあとでした。残念。

先日、ちょっとした外出をした時のこと。
シライさんが電車の中で「あ!忘れものした!」と大声をあげました。
そのあと「忘れないように…」と言いつつ、
カバンからペンを取り出し、メモをし始めました。
手の甲に。
手の甲に何か書く人を久しぶりに見ました。
小学生以来です。
『給食費』とか『上履き』『水着』『ふえ』『宿題』『アサガオ』『へちま』『さいほう箱』『爪を切る』…
そういえば、なんで学期末最後の日に、あんなに荷物がいっぱいで辛い思いをして
おうちに帰らなければならなかったんだろう…
…辛い思い出がよみがえってしまいました。

とにかく!そんなことが書いてあったらどうしようと心配しましたが、
手の甲に書かれていたメモは、
『楽天のチケット』
確かに重要な内容でした。(シライさんにとっては)

ちなみに、私はいまだに『体操着』を忘れる夢をよく見ます。
今度は手の甲に『体操着』と書いて、荷物いっぱいな夢を見るかもしれません…

ユーティリティ

2017年09月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

過去ログ

Feed