エントリー

カテゴリー「密告」の検索結果は以下のとおりです。

ステキな甲の忘れ方

  • 2009/09/11 19:17
  • カテゴリー:密告

ヒキさんの顔が丸見えな半日がありました。
幽霊部員です。

丸見えと言えば全員丸見えなわけなのですが、
ヒキさんの席が入口ドアからとても近いこと、進行方向に席があること、
一番の原因は、あるはずのパーティションが撤去されたこと…
そんなわけで、ドアを開けるとヒキさんの顔があり、
ヒキさんと目が合い、ヒキさんがほほ笑んでくれるという、
ヒキさんづくしな半日だったのです。

会う人、会う人、「ヒキさんと目があった」「優しく微笑んでくれた」と
口ぐちに声を掛け合い、
挙句の果てには「照明に照らされて、とても美しかった」と大そう話題になりました。
照明はライトボックス(トレースするための光の台)。
下からの柔らかい光が女優ライトの役目を果たし、大御所女優さながらのたたずまい。
そういえば、確かにキレイだった!あと、まぶしかった!
確認するために、ヒキさんのとこに戻ったら、
既に別のパーティションが取り付けられたあとでした。残念。

先日、ちょっとした外出をした時のこと。
シライさんが電車の中で「あ!忘れものした!」と大声をあげました。
そのあと「忘れないように…」と言いつつ、
カバンからペンを取り出し、メモをし始めました。
手の甲に。
手の甲に何か書く人を久しぶりに見ました。
小学生以来です。
『給食費』とか『上履き』『水着』『ふえ』『宿題』『アサガオ』『へちま』『さいほう箱』『爪を切る』…
そういえば、なんで学期末最後の日に、あんなに荷物がいっぱいで辛い思いをして
おうちに帰らなければならなかったんだろう…
…辛い思い出がよみがえってしまいました。

とにかく!そんなことが書いてあったらどうしようと心配しましたが、
手の甲に書かれていたメモは、
『楽天のチケット』
確かに重要な内容でした。(シライさんにとっては)

ちなみに、私はいまだに『体操着』を忘れる夢をよく見ます。
今度は手の甲に『体操着』と書いて、荷物いっぱいな夢を見るかもしれません…

1時間

  • 2009/09/04 17:27
  • カテゴリー:密告

今日は昼から外出。そのあとまた外出。
で、この密告を書くタイムリミットはあと一時間。
既にネタが無い現状。
さて間に合うのでしょうか?
幽霊部員です。

この緊張感溢れる状況をリアルタイムで、お届けしたいと思います。

11:00…とりあえず一週間前の密告を思い出し、
       スギヤマくんにイシバさんとは親友になれたか聞く。

11:10…スギヤマくんから返事が届く。
       まだほとんど会話をしてないことを聞く。親友にはほど遠い様子。

11:20…スギヤマくんに「そうなんだ。私は毎日話してるけどね」と嘘を付いてみる。

11:30…スギヤマくんから
       「なんで僕がダメで、幽霊部員さんは話せるんですか!?
       もう人間不信になりそうです…」と届く。
       あ、またやっちゃった。

11:35…今週一週間の出来事を振り返ってみる。何も思い出せず。

11:40…社内をフラフラしてみる。
       ナカヤマさんと出会う。
       今日も可愛いね。顔をよく見せて(お婆ちゃん?)と言いつつ、
       目の色(カラーコンタクト)確認。よし今日は赤。

11:50…もう一回、一週間を振り返ってみる。
       楽天ファンのシライさんが、楽天を好き過ぎて仙台行って、
       テレビ出て野村監督にインタビューしたという話を思い出す。
       ローカル放送でビデオを録れていないらしい。
       仙台の方、誰か録ってたらメディア・ビジョンまで送ってください。

12:00…タイムリミット。ここで終了。

密告制作ストーリーをジャックバウアーさながらの、
『24』仕立てでお届けしてみました。
ハラハラしましたね。ドキドキでしたね。
間に合って良かったですね。(いいのかこれで?)
では行って来ます。

ベストフレンド

  • 2009/08/28 19:12
  • カテゴリー:密告

夏休みもそろそろ終わり。
宿題はもう終わりましたか?
インフルエンザにかかってませんか?
幽霊部員です。

さて、そいえば、あれから1か月ちょっと。
スギヤマくんとイシバさんはどうなっているのでしょうか?
(7/17の密告参照)

スギヤマくんに聞いてみました。
あれからイシバさんとは話した?
「イシバさんは話してくれません。
あんなに本気で怒っているとは思いませんでした。
どうしたらいいか本気で困っています。」

げげげげげ。まだ話してないんだ!
でも、イシバさんはスギヤマくんのこと、怒っているんじゃなくて、
いじめて遊んでいるだけじゃないの?
「だといいのですが…顔がマジでしたし、無視されますし、
それでも話しかけたらもうこっちに来るなと言われました。
かなりへこんでいます。」

これはいけない!
あんなに仲が良かった二人なのに。
私がひと肌脱ごうではありませんか。
早速なんとかしてあげよう!!!(っていうか、そもそも私が原因)
イシバさん!スギヤマくんと仲良くしてください!
「いやです。一生口をきかないことに決めたんです。」

そんな心にもないこと言わないで…
~以下省略(この説得方法は企業秘密です。)~
3分後、イシバさんから以下の言葉を手に入れました。
「わかりました。スギヤマくんとは親友になります。」

おおおお。さすが私。さすが自分。
スギヤマくんー。話してくれるって!
私に任せて正解だったでしょ?(元は私が原因)

「ありがとうございます!
 親友になれたので、今度飲みに誘ってみようと思います!」

スギヤマくん良かったね!
でも、飲みは『急に馴れ馴れしい』とか言われて、
断られるかもしれないけどね…

ダイエットの怖い話

  • 2009/08/21 18:37
  • カテゴリー:密告

先週は夏休みでした。
すっからからんとお休みさせていただきました。
幽霊部員です。

メディア・ビジョンの4階の女子トイレ。
洗面所の水道の最初の水がいつも熱いです。
蛇口をひねると、びっくりするような、もう水とは言えない(お湯と言える)水が、
ジョーーーっと出てきます。
ここに引っ越して3年ちょっと、私が4階に引っ越して1年半くらい、
未だにその熱さに驚き「うひょ!」となります。
最初はあまりの熱さに叫び声をあげたものですが、
今ではクールに、そして何もなかったかのように、
その驚きを心の奥にとどめることができるようになりました。
3年にもなるので、そろそろ慣れてもいい頃なのですが、
毎回、初めてその熱さを体験したかのような新鮮な気持ちが味わえます。
4階の水道は、『初心を忘れてはいかん!』私にそう教えてくれているようです。
ありがとう、水道さん。初心は忘れません。
どうでもいい話で文章を稼いでみました。

さて、先月あたりに買った、そして密告にも書いた
「ボタンが締まらないジーンズ」の件です。
先日、ボタンが全て留まって、ちゃんと履けるようになりました。
これはご褒美を貰わないかん!ということで、喜び勇んで火曜日に履いてきました。
仕事中に見せびらかすのはなんなので、
定時を過ぎるまで待つことに…

11:00…痩せた自分にるんるんです。
13:00…早く見せたくてしょうがないです。
15:00…お腹がきついです。苦しいです。
17:00…ボタンを外しました。
19:00…いろいろ諦めました。

危うく「腹部圧迫による窒息で意識不明の重体」になるところでした。(なるわけない)
ダイエットって怖いですね。

罠★おじさん

  • 2009/08/07 14:41
  • カテゴリー:密告

社会人の皆様、来週はお盆休みですね。
メディア・ビジョンもお休みなので、来週の密告もお休みです。
幽霊部員です。

ナカザワさんの奇跡はまだ続く。
今週は、トイレに行ったら結石がコロンと出てきたそうです。
これ以上は下ネタになりそうなので、自粛。
と書いたら、下ネタじゃないとナカザワさんから抗議あり。
でも、ナカザワさんだと、なんか下ネタになりそうだったんですもん。

先週、雀の奇跡の話を書きましたが、
話すたびに「なんで写真撮らなかったの?」とつつかれます。
私が一番後悔してるんだってば!

さて、あれから1週間。
ナカザワさんと言えば、毎日木場公園に足しげく通い、
彼(雀)に会えないものかと、奇跡の2度目を待ち焦がれています。

そんな中、管理部のアベさんからIPが届きました。

「ローソンの横の細い路地に、雀が一羽死んでいました。
 ひょっとして…」

ぎゃあああああああああああ。
やっぱりナカザワさんが飼えばよかったんですよ!
ナカザワさん、ひどい!!!
早速ナカザワさんに連絡。

ナカザワさん
「うわああああああああああああああああああああああああああああああ!」

私より『あ』がずっと長い。
相当ショックだった様子。

ナカザワさん
「みてくる。」

そう言い残し、会社を出て行きました。
…5分後。

ナカザワさん
「違った。あの子(雀)じゃなかったよ。」

っていうか、戻ってくるの超早えー
超ダッシュだったんだなと想像。
で、分かるんですか?あの子(雀)と他の雀の違いが分かるんですか!?
どう違ってたんですか?

ナカザワさん
「いや、雀じゃなくて椋鳥(むくどり)だったよ。」

アベさんーーーーーーーーーー!
雀と椋鳥、大きさも色も全然違うじゃないですか!!!!
我々は、騙されたんですね。そうなんですね!
アベさんの罠にまんまと嵌められた私たちでした。
アベさん、意地悪…

ユーティリティ

2022年05月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

過去ログ

Feed