エントリー

カテゴリー「密告」の検索結果は以下のとおりです。

2009年総集編

  • 2009/12/25 18:51
  • カテゴリー:密告

メリークリスマス!クリスマスおめでとう!
幽霊部員です。

昨日は、山下久美子の『赤道小町ドキッ』が頭の中にずっと流れてました。
たぶん、寒かったからです。
今日は、NHK教育テレビの『恋するニワトリ』が流れてます。
頭の中でニワトリが風見鶏に「ココココ、ココココ」言ってます。
たぶん、昨日のクリスマスイブでチキンを食べたからです。

さて、2009年の密告の総集編です。
誰に言われるでもなく、勝手に形式化してしまいました。

第5位『今年も大レイアウト工事』
今年もフロアの大レイアウト変更を行いました。
去年もやったし、忘れてしまってますが一昨年もやったような気がするし、
その前もきっと毎年やっていたはずです。(記憶が都合よく塗り替えられる瞬間)
これはもう、毎年の恒例行事です。
よくよく考えると、大レイアウト変更を毎年やっているあたり、
大レイアウト変更とはもう言わない気がします。
なので、去年から順位を下げてみました。

第4位『シライさんと楽天』
楽天がとてもいいところまで行って、シライさんが大変にご機嫌でした。
毎日のように見られる小さいガッツポーズ。
毎週のように月曜日もらえる仙台というか楽天のお土産。
毎月のように報告がある土産話…
来年も楽天ががんばってくれたら、
シライさんも嬉しいし、密告のネタも増えて私も嬉しいです。

第3位『メディア・ビジョンに賄賂横行する』
スギヤマくんはそんな人じゃないと思ってましたが、
買収とか賄賂とか嫉妬とか、意外にも黒い部分がありました。
この行動は、のちにイシバさんとの仲に溝を生む事件へと繋がり、
たぶん来年も何かあると思います。

第2位『若手台頭』
プログラマーの天然キャラ、ヤスタくん。
プランナーのイケメンコンビ、アイザワくんとハシヅメくん。
グラフィッカーの栃木出身コンビ、ムラタくんとオカモトくん。
そして、豆大福ちゃんことアライさん。
今年は若い子たちがたくさんネタに協力してくれました。
協力…?
間違えました。
若い子たちが、たくさんネタになることを「しでかして」くれました。

第1位『ナカザワさんと鳥』
奇跡、怪奇、奇々怪々、不思議、摩訶不思議、都市伝説…
いろいろ言い方はありますが、
ナカザワさんにスズメがなついていたのは事実で、
それを私は目の当たりにしたわけで、
内輪うけではない誰にでも通じるネタは、この密告には珍しいわけで…
大変、貴重な経験をさせていただきました。
ナカザワさん、ありがとうございました。

来年は、メディア・ビジョンにどんな奇跡が起こるでしょうか?
みなさま、来年もよろしくお願いします。

ステッパープリンス

  • 2009/12/18 17:49
  • カテゴリー:密告

今年もあと、残り2週間です。
来週はクリスマス。再来週は大晦日。
今週は?
幽霊部員です。

密告を書く手が進みません。
なぜかと言うと、今日の朝に見た夢で、既に書いてしまったからです。
ナカザワさんとオギノくんが出てきました。
書き終えて、SCEの担当Tさんのチェック待ちの状態で目が覚めました。
一仕事終えた気分なのです。
でも、内容は全く覚えていないので、書き直しはできないのです。

さて、メディア・ビジョンの忘年会でくじ引き大会をすることになりました。
幽霊部員は景品係です。
1位はプレイステーション3にしました。
でも、某有名ソフトが発売された関係で、
昨日、プレイステーション3を買ったという人がたくさんいました。
大誤算です。

さて、景品係は景品の量と質の向上を目指すのが仕事です。(たぶん)
なので、量の向上を目指し、やっぱりくじ引きだかビンゴ大会だかで当てて、
封も開けずに、そのまま自宅に放置してた健康グッズを持ってきてみました。
『チューブ付きステッパー』というやつです。
確かに持ってきてみましたが、『持ってきてみました』なんて風ではなく、
『搬送してきました』『運搬してきました』と、
ちょっと難しい漢字を使ってみたくなるほど、実は重かったのです。
全然気づきませんでした。
二つ目の大誤算です。

10歩進んで持ち替え、20歩進んで休み、30歩進んで2歩下がる・・・
とにかく重いのなんのって、これをビンゴ大会で当てた人に持ち帰らせるなんて、
全然嬉しくないし、こんなの罰ゲームじゃん!!!
と、同じことしようとしているのに、
過去のビンゴ大会の誰だか分からない幹事に怒りながら、
そして重い荷物でフラフラになりながら、
全く足取りが進まないので、遅刻して出社です。

こんな感じで、出社早々、また一仕事終えた気分なのです。
今は放心状態で、この密告を書いています。

とりあえず、景品の『チューブ付きステッパー』は、
当たった人には郵送することを決意しました。
かよわい女子やスギヤマくんに当たったら、
自宅までたどりつけずに途中で力尽き、この寒い冬の中、
ルーベンスの絵から天使が舞い降りて、連れていかれてしまいます。
スギヤマくん、似合いそうだなあ。

というか・・・
今まさに疲労困憊で私が連れていかれそうです・・・

ポットモット

  • 2009/12/11 17:54
  • カテゴリー:密告

寒いです。
なんでこんなに寒いのに、雨が雪にならないのかと、
全然ナットクいかない幽霊部員です。

さて、先日のレイアウト変更に伴う物品整理で、ポットを1個発見。
モリタケくんが、ポットのお水を汲んでいるのを、
一日に何度も何度も(3回は見る)見かけるにつけ、
不憫だなあと何度も何度も感じていた私は、
『ポット2倍でモリタケくんの手間半分!!』アイデアを思いつきました。

それにしても、何故モリタケくんばかりが水を汲んでいるのか、
お湯を使う量がハンパナイのか、
お湯がないのに気づいたら、入れないと気がすまないのか、
お湯を使う次の人への思いやりがいっぱいなのか…
たぶん全部だとは思いますが、こういう手間を惜しまないモリタケくんは偉いです。

というわけで、先週、ポット2倍案をシミズさんに提案し設置をお願いしました。
これでモリタケくんも楽になるはず!!
なんて素敵なアイデア!
いいことをしたあとは、とてもとても気持ちがよいです。

そして今週。
設置してから1週間が過ぎました。
モリタケくんは、相も変わらず、ポットを持って給湯室まで移動しています。
手には、ポットが2個…
こ、これは…
ま、まさか…

「幽霊部員さん…ポット2倍案には落とし穴がありましたよ…」
切なそうにつぶやくモリタケくん。

「見てください…2つともお湯が切れてます。手間も2倍になりました。」

きゃーーーーー!

スタッフの皆さん、お湯は使い切ったら次の人のことも考えて、
ちゃんと補充しておきましょうね。

勇気1000円

  • 2009/12/04 14:58
  • カテゴリー:密告

気がつけば12月。今年もあと1ヶ月。
寒いです。寒くて体が動きません。
幽霊部員です。

会社はとても温かいのですが、
トイレが寒かったり、寒いのでトイレを我慢してみたり、
そして膀胱炎になりそうになってみたり…

さて、先日、お昼に某ファミリーレストランで、
一人でのんびり食事をしていたときのことです。
気がつけば、隣の席にキクチさん、タカハシくん、
ヨコクラさん、トリイくんがいました。
こういう時はお互いきまずいので、気づかないふりをするのが一番。
というわけで、食事に集中。

ご飯も食べ終わり、コーヒーを飲みつつくつろいでいた頃、
隣の席から「そろそろ、戻ろうか。」という声が聞こえてきました。
あら、もうそんな時間?気がつけばお昼休みが残り10分。
彼らとレジではちあわせ…これもやっぱり気まずいので、
ちょっとだけ時間をずらして席を立つことにしました。

キクチさんの会計が終わり、ヨコクラさん、トリイくんと順番に支払いを済ませ、
最後のタカハシくんが会計をしているのを確認。
よし、私も戻ろう!と席を立ち、レジまで足を運びました。
入れ違いにタカハシくんが、会計終了。
全く私の存在に気づかれない、この距離感。ナイスなタイミングです。

レジまで行き、さてお金を渡そうと思ったら…
無い、財布が無い!!!
ぎゃーーーーーー。
そうだ。タカハシくん。タカハシくーん!!!
大声でタカハシくんに駆け寄り、1000円貸してもらいました。
これまでの気遣いがチャラになった瞬間です。
最初から、声かけて一緒にご飯食べとけばよかった…

1コ、2コ、エコ。

  • 2009/11/27 20:56
  • カテゴリー:密告

さてさて、長いことお伝えし続けた模様替えの様子。
たぶん、今週で最後です。
幽霊部員です。

先週の分別で、大量に出た『要らない物』の山。
これを全部ゴミとして捨てるなんて、エコの精神に反します。
時代と逆行するなんていけません。
というわけで、『要らない物』をスタッフに開放。
『欲しい物は持っていってね!2時間だけの年末大セール~今年最後の大処分市』
を開催しました。

開場と同時に、ほぼ全員に近いスタッフがなだれこんできました。
人気があるのは、やはり書籍とゲームソフトコーナー。
ちなみに書籍とゲームの半分くらいは、
いつものようにいつものごとくイトウさんの私物です。

そんな人気コーナーには目もくれず、
ゴミ箱をひとつ手に入れ、会場を出ようとするアオキくん。
この大量の宝の山、夢の島、ゴミの山からゴミ箱!?
会社の備品を貰いにきただけ?
ゴミ箱なら、備品として倉庫にキレイなのが他にあるよ。
そっちを持っていきなよ!
「え?そうなんですか?…でも、これで大丈夫です。」
お目当ての物を手に入れ、満足気なアオキくん。
あとで思い出しましたが、
アオキくんの机には、ゴミ箱が既に1個存在してました。
1個じゃ足りないっていったい…

さて、1個じゃ足りないスタッフは他にもいました。
某ゲームソフトを手に持ち、ウロウロしているクマガイくんを発見。
「あれ?クマガイくん、あのソフトは既に3個持っているのに…」
と、ヨシダさん。
3個!?
3個も同じゲームソフトを持っていて、更に4個目をゲット!?
クマガイくんは、1個どころか3個でも足りないようです。
何個なら足りるのでしょうか?

そんな中、フジワラさんから声をかけられました。
手にはテレビのリモコンがあります。
「あの…テレビのリモコンだけって、貰ってもいいですか?」
全然いいよ。でも、なんでリモコンだけ?
「自宅に、これと同じリモコンがあるんです。もうボロボロなので、変えたいなって…」
お宝って、人によってさまざまですよね…
これこそリサイクル!これでこそエコ!
メディア・ビジョンはエコを応援しています。

他にも…
壊れたパソコンを解体し始めたスズキさん。
手にもったゲームを
「持って帰ったら、ヨメに怒られるからやっぱりやめよう。」
と元に戻すキクチさん。
ハンガーを「会社のどこかに置いておいてほしい。」と交渉しだしたタカギくん。

たくさんのスタッフに喜んでもらい(?)、
こうして、処分市は大盛況のうちに幕を閉じました。

そういえば、最初から最後までみっちり2時間いたトククラくん。
で、何を手に入れたの?
「これだけです。」
ポケットからゲームソフト1個を出したトククラくん。
それだけ??
「いろいろ見つけたんですが、端の方に置いておいたら、
誰かに持っていかれちゃって…」
今度は、本当のセールのように、
入場時に各自大きいビニール袋を渡そうと思いました…

ユーティリティ

2022年05月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

過去ログ

Feed