エントリー

カテゴリー「密告」の検索結果は以下のとおりです。

なぞ?の嵐

  • 2008/05/09 20:00
  • カテゴリー:密告

ゴールデンウィークが終わってしまいました。
幽霊部員です。

今週は3日しか出社してないので、密告のネタがありません。
なので、聞いてみました。
『密告のネタになるような面白いことありませんか?』

≪オグラさんからのお返事①≫
「面白いことといえば、シライさんの携帯が面白いんですよ。
文字を変換するとルー語になるんだそうです。すごいですよね。
『学校へ行く』と打ちたいのに、きっと『スクールへゴー』になるんですよ。
でもこれは密告には書けないですよね。
独自の秘密の機能かもしれないので。」

ルー語変換が独自の秘密の機能…
これは密告には書けない内容…
シライさん、ルー大柴のスパイか何かなのでしょうか?
というか、ルー大柴のスパイって何だろう?
謎は深まるばかりです。
あ、密告に書いてしまいましたが大丈夫でしょうか?
翌日に私、いなくなってたりしないですよね…

≪オグラさんからのお返事②≫
「密告に書くのにふさわしいようなこととなると、…思い浮かばないです。
ずっと謎だったことなのですが、○○さん(幽霊部員の本名)は、
毎日ちゃんと会社に来ているのに、どうして幽霊部員なんですか?
あと、高卒谷ってなんですか?」

正面切って「なぜ幽霊部員なのか?」と聞かれたことは、
この7年間ありませんでした。
恥ずかしいので(ほんとは特に理由もないので)返答は控えさせていただきます。
気が向いたら、かっこいい理由を作っておきます。

ノンエアー

  • 2008/05/02 20:00
  • カテゴリー:密告

モリタケくんが、ウィダーインゼリーダイエットを始めたそうです。
既に痩せた気がするのは、気のせいでしょうか?
目の腫れがまだ治らない幽霊部員です。

ソオノさんが、
「フクマルくんとは、ナイショ話ができないんですよ…」
と嘆いていました。
どうしてなんですか?フクマルくんはおしゃべりさんなんですか?
「違います、違います。ナイショ話といっても仕事中の軽いおしゃべりとかそういうやつです。
コソコソ話したい時に話ができないんです。声が大きくて…」

なるほど!
確かにフクマルくんは、社内でもトップクラスのKYだと聞きます。
「そうなんです。声が大きいって伝えた後に、
フクマルくんが『すみません!』って謝ってくれるんだけど、
その『すみません!』が、また大きくて…」

因みに電話で話すと、何故か訛っているフクマルくんです。
そして、フクマルくんのKYエピソードで密告書き続けられる気がしてきました。
スタッフの皆様、情報よろしくお願いします。

体重ストーリーは突然に

  • 2008/04/25 20:00
  • カテゴリー:密告

寒かったり暑かったり、最近のお天気は気分やさんです。
幽霊部員です。

先週末に突然発生したじんましんも、ようやく落ち着いてきました。
皆様、ご心配をおかけしました。(誰も心配してないけど…)

さて、毎日見ているはずなのに(毎日見ているから?)、
変化に気づかないことって、よくあります。
髪の毛が毎日伸びてるのに気付かないように…
というわけで、ふと気づいたら
モリタケくんがびっくりするくらい大きくなってました。
毎日見てるのに、ほぼ毎日会話しているのに、
こういうのって、なぜ突然気づくのでしょうか?
というか、モリタケくんは柿ピーダイエットしてなかったのでしょうか?

イシバさんのヒゲは、毎日伸びてること気付くのに変ですね。
因みにイシバさんのヒゲは、月曜から金曜日まで伸ばして、
毎週土日に剃るそうです。
以上、豆知識でした。

密告の晩年

  • 2008/04/18 20:00
  • カテゴリー:密告

アイドリング!!!が、9人から18人に増えました。
幽霊部員です。

そいえば、「めでぃまが」の新入部員さんは
改名するのでしょうか?
幽霊部員も改名したいです。
なぜなら「幽霊部員」で姓名判断を調べたら…
「努力が報われない。晩年は孤独に。病気災難傾向。」
悲しい。
因みに、新入部員さんは結婚運が○でした。

天候が悪いからなのか、季節の変わり目だからなのか、
よく分かりませんが、
メディア・ビジョンでは季節外れの風邪が流行っています。
私はというと、風邪は引かずにじんましんです。
そして、じんましんで顔が腫れています。
風邪なら会社も休めるのに、
顔が腫れて人相が変わっている程度では会社は休めません。
損な体です…
そして今、最大級に恥ずかしいです…

心得二箇条

  • 2008/04/11 20:00
  • カテゴリー:密告

エビナさんからお礼を言われました。
チケット取りのシミズさん、通称「リダイヤルの鬼☆シミズ」を
紹介してくれてありがとうと…
幽霊部員です。

シミズさんにお願いしてチケット取ってもらったみたいです。
いいことをしました。
紹介って、教えてあげただけですが…

昼休みの木場近辺。
エビナさんとイノウエさんと3人で外を歩いていたら、
後ろにヤマモトさんとソオノさんを発見。
こういう時の礼義として「気がつかないフリをする」という心得を
わきまえている私。
付かず離れずの一定距離を保ちつつ、気づかないフリをがんばっているところで
横断歩道に差し掛かりました。
運悪く(?)信号が赤に。
これで気づかないフリはまずいと、声でもかけようかなと迷っていると…
「すみません。近くの八百屋なんですが、野菜いかがですか?」
ギャルの可愛い声が後ろから聞こえます。
木場でキャッチセールス?!それも八百屋?!
びっくりして後ろを振り向くと、そこにいるのは困惑しているソオノさん。
一生懸命断っているところに、もう一人ギャルが現れ、
尚も勧誘し続けます。

こういう時の教訓として「気がつかないフリをする」という心得を
わきまえている私。
信号が青に変わったので、静かにその場を後にしました。

ソオノさんは、上手に断れたのでしょうか?…

ユーティリティ

2017年09月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed