エントリー

カテゴリー「密告」の検索結果は以下のとおりです。

オシャレは足元から

  • 2004/05/07 20:00
  • カテゴリー:密告

GW、実家に帰ったら親戚が一家総出で、来てました。
数えると13人。うちの家族を合わせると18人。
車でお出かけする妹も、そんな人数が
「いってらっしゃい」「後ろみて!」「危ない!」と大騒ぎしながら
見送りをすれば、そりゃ事故るよね…
かわいそうに、車はぶつけて止める妹が大事に大事に乗ってた新車が…
幽霊部員です。

シマザキさんが、とうとうボロボロのサンダルを
脱ぎ捨て、裸足になりました。
どのくらいボロボロかというと、破れたところをガムテープでとめ、
それでもペタペタするので、ホチキスでとめてるくらいです。
ミウラさん、イトウさんに続き、裸足の季節の仲間入り。
3人揃って砂浜を走って欲しいです。

でも最近、新しい流派が登場。
サイトウさん率いる、ご家庭用スリッパ派閥。
絨毯のようなその花柄に最初は度肝を抜かれましたが
トミワキさんもスリッパである事を発見。
薄いベージュと一見目立たないような柄を選んではいるものの
その肌触りの良さそうな見た目は、明らかにスリッパ。
何故スリッパなんですか?トミワキさん。
「スリッパとサンダルの区別がついてませんでした…
言われてみるとそうですね~」
付くでしょ、区別…

イロトリドリノセカイ

  • 2004/04/30 20:00
  • カテゴリー:密告

元気が出るグッズ。
飲み会の時にセキネさんとモリさんが、見せびらかしているのを見て、
「それ、僕のじゃないですか!」と初めて落としたことに気付いたオザキさん。
付けてても、付けてなくても変わんないみたいです。
幽霊部員です。

先週の金曜日。
スガワラさんと折り紙で鶴折ってたら、
「僕も鶴折れます」と豪語するマサヤさんとミウラさん。
(ミウラさんは豪語してなかったかも…)
試しに折らせてみようと、紙渡すと最初の一折からちが~う!
どこまで間違えるかと、見守っていたけど埒あかないのでヒント。
それでも、ダメダメなお二人…
そんな中、通りすがったオザキさんにも折らせてみたら
元気グッズパワーか?短時間でキレイな鶴が!
「いや~危うく幽霊折るところでした」って、幽霊って何よ!
懇願して折ってもらったら、ほんとだ!幽霊。
「エリマキトカゲも折れますよ」エリマキトカゲだ!
そうこうしてるうちに、大折り紙大会へ。
通りすがるスタッフ捕まえては、折り紙渡す我々。
イシイさんに、鶴折ってくださいと言ったのに出来上がったのは…
「ユニコーンです」ユニコーン!?ホントだ。角あるよ。
「カエルと小鳥はまだ出てない?」とナカザワさん。
カエル!?小鳥?!出てないです、出てないです。
ものすごい下準備の挙句、美しいカエルが…
あ、トクナガさんだ。(下ネタの人)何か折れます?
「僕、グレムリンしか折れないです…」しかってなんだよ!しかって!
とりあえず、折ってください。でも、折り方忘れたとかで数時間のグレムリン待ち。
その間も、イシイさんに我々が本見ても折れなかったトンボを
折ってもらったり、ナカザワさんにフィギュアのような小鳥折ってもらったり、
シマザキさんに「羽ばたく鳥」折ってもらったり…
トンボにいたっては、「頭がおかしい」と折り紙作家にダメ出し。
独自のアレンジで、トンボのメガネをつけたイシイさん…
なんなんだ、この人たちは…
そんなこんなで、数十種類の色とりどりの折り紙たちが…
「こっちは優秀作品コーナーね。こっちは駄作」って、私のピアノは駄作ですか…そうですか…鍵盤も書いたのにね…
やっと出来上がったグレムリン。おおおお。なんか3枚つづりだ。
他には折れないんですか?
「後はもう、ゴジラくらいしか…でも折り方忘れました。すみません」
ゴジラしかって…とりあえず、折り紙渡してGWの宿題。
楽しみに待ってます。

元気が出る

  • 2004/04/15 20:00
  • カテゴリー:密告

下ネタ発言の後、カネコさんが
「くっそー!おいしいポジション持ってかれた!」
と、意味もない事で悔しがってたのはナイショです。
俺は補欠です。コニチハ。コニチハ。

コアタイムが終わって気分的に一息ついた逢魔が刻のその時分、
オオクボさんとセキネくんとオザキくんがなにやら会合中。
悪さの密談デスカ?俺も入れて!俺も入れて!(2回言う)

「すごいパワーが得られるんです!」
力説するオザキくん。ナニソレ?宗教?
よくよく話を聞いてみると、元気が出るグッズなるものが
世間的に大ブームであると言い張るオザキくん。聞いた事ねえなあ。
多種多様なグッズがあって、身に付けてるだけでパワーが沸いてくるんだトカ。
「4リットルのペットボトルも、中指1本で楽々ですよ!」
そんな事言われましても。中指でペットボトル持つ用事ないし。

そもそも、原理が何でどういうパワーが身に宿るのかが不明。
話を聞いてもサッパリでアリマス。麻薬かなんか入ってんの?

「調べてみたら、市ヶ谷にも売ってるショップがあるみたいなんで
今からセキネさんと買って来ようかと思って。」
「ええッ!?俺も!?」

意気揚揚と出かけるふたり。見送る俺とオオクボさん。
ダマされて、ツボとか買って来ないように、気をつけて。

帰ってきたふたり。どうだった?
「なんか、店のヒトがひとりしかいなくて、マッサージ治療中だから
今は売れないって言われました。」
ションボリのオザキくん。どうやら、どっちにしろ一部のネックレス
とかしか売ってなかった模様。

「明日の朝一に、ボクの地元のショップで買ってきます!」
やる気満々のオザキくん。そんなに!?

敗北

  • 2004/04/09 20:00
  • カテゴリー:密告

補欠さんと、我慢比べのように日記を書かずにいましたが
この暗黙の駆け引き、私の負けです。
こんにちは。幽霊部員です。

先週メディア・ビジョンにも新しいスタッフが3名も入社しました。
朝礼での自己紹介にて。
最初の方が
「サッカー大好きです。よろしくお願いします。」
サッカー好きはメディア・ビジョンにもいるいる。
仲良くなるといいね~
続いて2番目の方は
「F1大好きです。よろしくお願いします。」
連動している。いろいろな自己紹介を見てきたけど、新しいパターン。
最後で
「下ネタ大好きです。よろしくお願いします。」
オチだ!オチついてる。
しかし公言していいのか!
サッカーなら、「いや僕もサッカー好きでね」なんて
会話のとっかかりとしても、至極正常且つ健全だけど
「いや~オレも下ネタ大好きでさ~」って
最初の会話がこれ、いかに?
もし、これから一生友情が続く大親友がこの中で出来た場合
出会いのきっかけが下ネタに!
友達ならまだいいけど、一生を連添う妻だったら
結婚式で「なれそめは下ネタでした」と言わなきゃいけないし、
子供に「お父さんとお母さんはどうやって仲良くなったの?」なんて
聞かれたら「きっかけは下ネタだったんだよ」と説明しづらいしづらい。
出来れば、そんな相手が出来ない事を陰ならがお祈り申し上げます。

さて、どっと笑いがおき、みんなの心を掴んだ3人のお仲間。
後で聞いたら、打ち合わせ無しの即興だったそうです。
これからよろしくお願いします。

おやじ

  • 2004/03/26 20:00
  • カテゴリー:密告

今日は3月26日。「ミツル」の日ですね。
お久しぶりです。幽霊部員です。

受付のスガワラさんが
おもしろい喫茶店を発見してきました。
ということで幽霊部員、本日早速お昼に偵察に行ってまいりました。
お店の名前は「カフェモカ おやじ」
あだち充の漫画に出てきそうな、昔懐かしい純喫茶。
壁には懐かしい少女漫画がずらり。
「王家の紋章」あるじゃん!読んでないんだよね~やった!と
手にとろうとするも
全巻読むまで通い続けなければならないことに気付き
「純情クレイジーフルーツ」で我慢。
罠にはまるところでした。

さて、当然「おやじ」が作った美味しい料理が出てくるのだろうと
期待して店に入ると、
「おやじ」はウェイトレス(ウェイター?)でした。
料理作ってたのは、「おやじ」の妻であろう、おばさん。
トイレ前のその、のれん(相合傘に「おれ」「おまえ」の文字)は
そんな夫婦二人三脚を表現したものなのでしょうか?

漫画も1冊読み終え、ご飯も食べ、コーヒーも飲んで
さて帰ろうと思ったところに、すっとデザートを差し出す「おやじ」。
デザート付きとはラッキー!なんて見やると
籠の中にハッピーターン2個が…
ハッピーターン!?

そんな「カフェモカ おやじ」は市ヶ谷の郵便局の近く。
是非一度いかがですか?

ユーティリティ

2017年09月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed